インストールにあたっての一般的な注意事項

インストールを行う前に、PHP を使用する用途を明確にしておく必要があります。 PHP を適用可能な分野としては、 「PHP にできることは?」 のセクションに記述されている通り、主に次の 3 つがあります。

最初の用途がもっとも一般的で、この場合、PHP 本体、Web サーバ、Web ブラウザ の 3 つが必要となります。Web ブラウザは既にお持ちだと思います。 使用しているオペレーティングシステムのセットアップの状況によっては、 さらに Web サーバも稼働しているかもしれません(例、Linux 上の Apache や Windows 上の IIS)。また、ホスティング会社で Web 用のスペースを 借りることもできるでしょう。この場合は、自分自身でセットアップを行う必要はなく、 PHP スクリプトを作成し、借りているサーバにアップロードするだけで、 ブラウザを使って処理結果を見ることができます。

一方、Web サーバと PHP を自分でセットアップする場合、 サーバに PHP を組み込む方法が 2 種類あります。 多くのサーバに対して、各サーバ独自のモジュールインターフェイス (SAPI とも呼ばれます) を通じて、ダイレクトに PHP を動作させることができます。 Apache、Microsoft Internet Information Server、 Netscape、iPlanet サーバなどがサポートされています。 ISAPI と呼ばれるマイクロソフト互換のモジュールインターフェイスを 持つ Web サーバ(OmniHTTPd など)もサポートされます。 PHP がモジュールのサポートをしていない Web サーバに対しては、 CGI もしくは FastCGI プロセサとして PHP を使用することができます。 つまり、PHP ファイルへのリクエストの処理を、 PHP のコマンドライン版の実行ファイルを使って行うよう Web サーバを設定することができます。

コマンドラインでのスクリプト実行に PHP を使用する (たとえば、オフラインで画像を自動生成するスクリプトを書いたり、 指定した引数に応じてテキストファイルを処理したりといった) 場合は、コマンドライン版の実行ファイルが必要となります。 詳細な情報については、 「PHP をコマンドラインから使用する」 の章を参照してください。この場合、サーバとブラウザは不要です。

PHP-GTK 拡張モジュールを使って、PHP でクライアントサイドの GUI アプリケーションを作成することも可能です。この場合のアプローチは Web ページの 作成とは完全に異なり、HTML を出力するのではなく、 ウインドウやその中のオブジェクトの管理を行うことになります。PHP-GTK に関する より詳細な情報については、 » PHP-GTK 拡張モジュールのサイト を参照してください。PHP-GTK は、PHP の公式アーカイブには含まれていません。

以降、この節では Unix や Windows 上の Web サーバに サーバモジュールインターフェイスおよび CGI 実行ファイルとして PHP をセットアップする方法を説明します。 コマンドラインの実行ファイルについての情報も、 これ以降の節で得られるでしょう。

PHP のソースコードと Windows 用のバイナリアーカイブは、 » http://www.php.net/ にあります。 アーカイブをダウンロードする際には、最も近い» ミラーサイト を使用するようにしてください。


PHPやMySQLを使った開発はPHPやMySQLの開発実績