例外(exceptions)

目次

PHP 5 は、他のプログラミング言語に似た例外モデルを有しています。 PHP 内で例外が投げられ ("throw" され)、それが 捕捉され ("catch" され) ます。発生した例外を 捕捉するには、コードを try ブロックで囲みます。 各 try ブロックには、対応する catch ブロックが存在する必要があります。異なる型の例外を捕捉するために 複数の catch フロックを使用することができます。 通常の実行時 (try ブロック内で例外が投げられなかった 場合、あるいは投げられた例外に対応する catch ブロックが存在しなかった場合) は、catch ブロック内は処理されず、それ以降から処理が続けられます。 catch ブロックの中から例外を投げる (あるいは投げなおす) こともできます。

例外が投げられた場合、その命令に続くコードは実行されず、 PHP は最初にマッチする catch ブロックを探します。 例外が捕捉されない場合、PHP は "Uncaught Exception ..." というメッセージとともに 致命的なエラー(fatal error)を発行します。 ただし、set_exception_handler() でハンドラが 定義されている場合を除きます。

スローされるオブジェクトは、Exception クラスあるいは Exception のサブクラスのインスタンスでなければなりません。 それ以外のオブジェクトをスローしようとすると PHP の Fatal Error が発生します。

注意: PHP の内部関数の多くは エラー報告 を使っており、例外を使っているのは新しい オブジェクト指向 の拡張モジュールのみです。 しかし、ErrorException を使えば簡単にエラーを例外に変換することができます。

ヒント

Standard PHP Library (SPL) には組み込みの例外が数多く用意されています。

例12 例外を投げるには

<?php
function inverse($x) {
    if (!
$x) {
        throw new 
Exception('ゼロによる除算。');
    }
    else return 
1/$x;
}

try {
    echo 
inverse(5) . "\n";
    echo 
inverse(0) . "\n";
} catch (
Exception $e) {
    echo 
'捕捉した例外: ',  $e->getMessage(), "\n";
}

// 実行は継続される
echo 'Hello World';
?>

上の例の出力は以下となります。

0.2
捕捉した例外: ゼロによる除算。
Hello World

例13 ネストした例外

<?php

class MyException extends Exception { }

class 
Test {
    public function 
testing() {
        try {
            try {
                throw new 
MyException('foo!');
            } catch (
MyException $e) {
                
/* 改めてスロー */
                
throw $e;
            }
        } catch (
Exception $e) {
            
var_dump($e->getMessage());
        }
    }
}

$foo = new Test;
$foo->testing();

?>

上の例の出力は以下となります。

string(4) "foo!"

PHPやMySQLを使った開発はPHPやMySQLの開発実績